満天☆青空レストラン出演!のうみんずセット販売決定!

前島農園【箱根西麓のうみんず】

箱根西麓に広がる常緑の農園   1年を通して葉物野菜を皆様にお届けしたいという
エバーグリーンな夢

ごあいさつ わたしたち「前島農園」について

箱根西麓三島野菜の美味しさと
可能性にかける想い

都内ファッション系出版社を退職後、妻と共に脱サラUターン就農を決意。
地元を離れてみて改めて感じた箱根西麓三島野菜の美味しさ、可能性に強く惹かれたのです。理屈なしに、ただただ美味しい箱根西麓三島野菜を消費者に届けたいというシンプルな想いから、実家のほうれん草農家を継ぐ決意を固めました。
就農して11年間、他業種での営業職経験を活かし、「自分だからできる農業」を模索しながら経営規模の拡大を図ってきました。 これからも、箱根西麓の産地を代表する生産者として、一人でも多くの方に「おいしい箱根西麓三島野菜」を味わう喜びをお届けしたいと思います。

●生産作物
3haの農地ではほうれん草、小松菜、葉しょうが、ブロッコリー、ロメインレタス、ミニ白菜、三島馬鈴薯を栽培。20aのビニールハウスにてソフトケールを周年栽培しています。

Feature 3つの特徴

  • 01

    箱根西麓三島野菜を
    育てています

    豊かな土地が野菜に力を与えてくれます
    私たちの農園は箱根の西側、
    標高50メートルの高原にあります。
    富士山も駿河湾も見える、そんな美しい場所。
    澄んだ空気や日当たりのよさに加え
    火山性の黒土という土壌を存分に活かしながら
    栽培されるのが「箱根西麓三島野菜」です。
    濃い味わいや生き生きとした食感は
    やはりこの土地の恵みだなと
    思わずにはいられません。
    だから私たちにできるのはシンプルなこと。
    美味しい野菜をつくる努力を
    毎日続けることだけです。
  • 02

    美味しさと栄養価の追求
    ソフトケールへの挑戦

    生で食べられるケールを食卓へ
    私たちは新しい野菜栽培にも挑んでいます。美味しいのは当たり前、「さらに栄養価の高い野菜作り」を目指して力を入れているのが「ソフトケール」です。 「ソフトケール」は、柔らかくて苦味のない、新感覚のケール。 生のままでサラダとして食べることもできますし、従来のケールのように煮たり炒めたり、食べ方のバリエーションが尽きません。 歯ざわりも軽やかで食べやすく、栄養はたっぷり。サプリメントとは異なり、野菜100パーセントの自然由来の栄養価を摂取できます。

    2021年現在、機能性表示「GABA」の実証実験中(増田採取場と静岡県農林技術研究所が共同開発した革新的な技術「ソフトケールGABA」を当農園で栽培し、機能性の実証実験を行っています。)
  • 03

    得意分野を生かして働く
    農福連携の野菜づくり

    大切なビジネスパートナーとして
    2015年に圃場の片付け作業から始まり、現在は葉物野菜の袋詰め作業を周年で依頼。その他にも各種作物の苗の定植や収穫など、作業内容も連携を高めながらステップアップしています。 野菜が収穫されるまでには多くの作業工程があり、作業を細分化する事で「活躍できる部分、その人にあったやりがいのある仕事」を一緒に探してきました。今では欠かす事の出来ない前島農園と共に歩むパートナーです。

Pick Up ピックアップ

箱根西麓のうみんず

地域の農業を共に盛り上げる仲間たち
2015年、同世代の若手農家6名で結成。当時より現在まで代表を務める。 地域では栽培していない新たな品目としてロメインレタス、ミニ白菜の栽培に挑戦。 産地の宣伝部隊として地元メディア対応、スーパーの店頭に立ち産地の野菜の消費宣伝活動を実施。 三島市街の飲食店と連携しイベントを実施するなど、箱根西麓三島野菜の知名度を向上させるための活動を行う。 「ふじのくに未来をひらく農林漁業奨励賞(2020年)」を受賞。産地、地域を盛り上げるために日々奮闘中。
ピックアップ2を非表示
ピックアップ3を非表示

Blogブログ